Informationインフォメーション

IBM Watson Explorer 利用コストの壁を打ち破る、月額13万円で使えるプラットフォームサービス「Magic Insight」を提供

2016.12.01

2016(平成28)年12月 吉日

株式会社イーネットソリューションズ

データセンター・SasSサービス事業を手掛ける、株式会社イーネットソリューションズ(所在地:石川県金沢市、代表取締役社長:上岸 弘和)は、IBM Watson Explorerの利用コストの壁を打ち破る、月額13万円(10GB)で使えるプラットフォームサービス「Magic Insight」(マジックインサイト)を、2017年1月から提供開始します。

■コグニティブプラットフォームサービス「Magic Insight」
https://www.magicinsight.jp/

背景

人工知能(AI)/機械学習が実用的になってきた現在、Watsonは「コグニティブコンピューティング」(cognitiveは「認知」)として市場に幅広く利用されている技術です。
また、中堅・中小企業ではWatson Explorerに重要なデータを格納するために必要なセキュリティ・ネットワーク環境を、同時に構築するという高いハードルもあります。
そこで当社では「コグニティブ・AIをすべての企業に」と考え、業界のコストの壁を打ち破る月額13万円でWatson Explorerの総合的な環境をご利用いただけるサービスを提供することとしました。

製品・サービスの概要

Magic InsightはWatson Explorerを月額で利用できるサービスです。
サービスURL:https://www.magicinsight.jp/
対象:ビックデータや医療・コールセンターなど
稼働環境:日本国内・金沢データセンターのクラウド基盤環境
価格:分析データ10GBあたり月額13万円でご提供
  (初期費用:30万円、分析支援サービス:35,000円から)

3つの特長

  1. Watson Explorerを月額13万円(10GB)で利用可
    ※ 最低3カ月から1カ月単位で利用できるため、短期間の分析でも基本コストを低く抑えることができます
  2. 重要な分析データを自社環境と同様に利用できるセキュリティ環境を構築可能
    ※ ASP/SaaSサービスだからWatson Explorerを導入するためのシステム構築が不要
  3. Watson Explorerを短期間で利用できる構築支援が可能
    ※ データの投入支援からWatson Explorerを活用したアプリケーション開発まで一貫して対応可能

IBM Watson Explorerとは

Watson Explorerは、企業内の非構造化(自然言語で書かれた)データを扱う統合プラットフォームで、自然言語解析をコア技術とするWatsonソリューションの基盤としての位置付けであり、あらゆる情報を全方位的に統合・検索・視覚化する探索機能(統合検索エンジン)と、自然言語処理を含めた分析・視覚化・暗黙知の発見を支援する機能(テキストマイニング)を提供します。

今後の展望

「コグニティブAIをすべての企業に」とし、高度なWatson Explorerの分析技術をできる限り手軽に安心して利用していただけるよう広めていきたいと考えています。

本リリースに関するお問い合わせ
株式会社イーネットソリューションズ
TEL:076-265-1221
Mail:contact-info@enets.jp
pagetop

Contact

Copyright © 2010-2017 eNet Solutions Co.,Ltd. All rights reserved.
eNetSolutions