Informationインフォメーション

緊急地震速報配信サービスの発表

2007.05.14

株式会社イーネットソリューションズ

代表取締役社長 上岸 弘和

株式会社イーネットソリューションズ(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:上岸 弘和)は気象庁と連携し、地震発生時の初期微動と主要動の到達時間の差異を利用した緊急地震速報配信サービスを開始します。

世界有数の地震発生大国と呼ばれる日本。現代の都市社会では人口の高密度化に伴う公共交通機関や通信手段をはじめとする、社会システムのネットワーク化によってより高度化かつ複雑化し、特に地震などの自然災害に対して極めて脆弱な状態にあります。

緊急地震速報配信サービスとは地震の発生直後に、震源に近い地震計でとらえた初期微動(小さい揺れ)の観測データを解析して、震源や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、各地での主要動(大きな揺れ)の到達時刻や震度を可能な限りすばやく知らせる情報です。当社の緊急地震速報配信サービスは気象庁と専用線で結ばれ、最短で緊急地震速報を配信できる環境を整備し、この緊急地震速報を契約クライアントに配信するもので、弊社「緊急通報・安否確認サービス」と連動することも可能です。データはインターネット回線の他セキュリティの高いIPーVPNなどを使い、専用端末やPCに送られ、クライアントのニーズに応じて「音声」「文字」「メール」「PC画面」などさまざまな方法で最終的にメッセージを伝達いたします。

利用料金は最小構成で初期費用650,000円、月額10,000円(消費税別)で、サービス開始は2007年5月31日を予定しております。

敬具

pagetop

Contact

Copyright © 2010-2019 eNet Solutions Co.,Ltd. All rights reserved.
eNetSolutions