Informationインフォメーション

glibcの脆弱性(GHOST:CVE-2015-0235)によるサービス影響について

2015.01.29

2015(平成27)年1月 吉日

株式会社イーネットソリューションズ

2015年1月27日にLinuxサーバ環境で導入されているglibcの脆弱性(GHOST:CVE-2015-0235)が公表されました。

脆弱性の影響について

攻撃者が本脆弱性を用いると、任意のコードがサーバ上で実行される可能性がございます。
本脆弱性が悪用された場合、最悪の場合リモートからシステムを乗っ取られる危険性があります。

サービスに関する影響

arGuss 影響なし
Dispatchers 影響なし
Safetylink24 影響なし
ActionPassport 一部影響あり
ActiveAssets 影響なし
APPROACH 影響あり
OpenTRACE 影響なし
merisis
ウィルスゲートウェイサービス 影響なし
メールアーカイブサービス 影響あり
専用・共用ファイアウォールサービス 影響なし
専用Linux-VPSサービス 影響あり
シェアードホスティングサービス 影響あり
Cloudホスティングサービス 一部影響あり
マネージド型ホスティング 一部影響あり
CLもっとITパック
CLもっとITパック プレミアム 影響なし
CLもっとITパック スタンダード 影響なし
CLもっとITパック
スパムファイアウォールサービス
影響なし
CLもっとITパック
ウィルスゲートウェイサービス
影響なし
CLもっとITパック
メールアーカイブサービス
影響なし
CLもっとITパック
大容量ファイル送付サービス
影響なし

本脆弱性の影響を受ける可能性があるお客様へは、サポートセンターより順次対応についてのご案内および対応を進めさせて頂きます。

参考:脆弱性情報はこちら
https://access.redhat.com/ja/articles/1333303(redhat)
http://www.ipa.go.jp/security/announce/20150129-glibc.html(IPA)

本リリースに関するお問い合わせ
本件につきご不明な点などございましたら当サポートセンターまでお問い合わせ下さい。

イーネットソリューションズ サポートセンター
電話:0120-65-5058
pagetop

Contact

Copyright © 2010-2020 eNet Solutions Co.,Ltd. All rights reserved.
eNetSolutions